ブラック企業の見分け方!求人票の嘘を見抜く方法

転職活動をするときに必ず確認する「求人票の労働条件」。

ブラック企業は、この求人票にあいまいな記載をしていることが少なくありません。

 

 

求人票に記載されていることを鵜呑みにして、入社した後、

求人の内容と労働条件が違っている!

という状況になるのは絶対に避けておきたいですよね。

 

このような最悪な状況を避けるためにも、ブラック企業の見分け方を知っておく必要があります。

 

 

この記事で分かること
 ブラック企業の見分け方
 転職を成功させるための転職活動の仕方

ブラック企業の求人票の特徴

 

ブラック企業の求人票は以下のような特徴があります。

  • 給料の金額の幅が広い
  • 残業の詳細があいまい
  • 募集期間が長い
  • ブラック企業特有のフレーズがある

 

 

給料の金額の幅が広い

給料の金額の幅が広い

 

例えば、

月収18万円~50万円(能力により優遇)

などの記載は注意しておいた方が良いでしょう。

 

このような記載は結構よくあるのですが、どんな条件の場合に支給されるか明記されていないことがあります。

もし条件の記載がない場合は、最低金額の18万円を基準に考えている場合はほとんどです。

 

どのような条件で、その給料がもらえるのかを確認しておくと安心です。

 

 

また、給料の相場よりも高い給料の場合も注意が必要です。

 

給料には、業界や職種によって大体の相場が決まっています。

 

例えば、

  • その業界の給料の相場:25万円
  • 求人票の内容:50万円

という場合は疑った方が良いでしょう。

 

給料の金額が高いとその分、人が集まりやすくなります。

人を集めるためにブラック企業は平気で嘘をつくので、注意が必要です。

 

 

業界や職種の平均年収は下記のサイトで大まかな金額を知ることができます。

もし自分の目指す業界の相場を知らない人は見ておくといいでしょう。

キャリアガーデン

 

残業の詳細があいまい

残業の詳細があいまい

残業の項目で見るべきポイントは2つです。

  1. (固定残業代を含む)の記載
  2. 平均残業時間が多い or 極端に少ない

 

 

・(固定残業代を含む)の記載

月給〇〇万円(固定残業代を含む)という記載には注意が必要です。

固定残業代が何時間分なのかが記載されていない場合、残業時間が多い可能性があります。

もしかすると、100時間分の残業代が含まれている可能性もあります。

 

この記載は、いわゆる「裁量労働制」の会社に多いのです。

そもそも(○○時間分の固定残業代)と記載があっても、その時間を超えた分の残業代が支払われないのは違法です。

 

  • 何時間分の固定残業代なのか
  • その時間を超えた分の残業代が支払われるのか

を確認しておくのが大切です。

 

 

・平均残業時間が多い or 極端に少ない

平均残業時間が多い、もしくは極端に少ない企業は注意が必要です。

 

法律で、残業時間は月45時間までと決められています。

上限ギリギリの残業時間(例えば月平均40時間など)と記載されている場合は、実際はそれよりも多く残業をしている可能性があります。

 

また、「残業なし」など極端に少ない場合でも、サービス残業の可能性を疑った方が良いです。

 

募集期間が長い

募集期間が長い

中途採用では、

その会社のポジションに欠員が出たから募集をかける

ということがほとんどです。

 

そのため、1年中募集をしている会社には注意しておく必要があります。

 

このような会社は、離職率が高く常に人手不足になっていることが多いです。

転職サイトや転職エージェントを利用している場合は、募集期間も確認しておくべきでしょう。

 

 

ブラック企業特有のフレーズがある

ブラック企業特有のフレーズがある

 

ブラック企業は、求人票に目を引くフレーズを記載していることが多いです。

 

  • アットホームな職場
  • 人物重視の採用
  • やる気さえあれば大丈夫!
  • あなたが成長できる環境があります
  • 頑張れば年収1000万も可能です!

 

こういうフレーズを記載している求人票は、ブラック企業の可能性があります。

 

もちろん、記載されていることが真実の場合もあります。

ですが具体的な根拠が載っていないのであれば信用してはいけません。

 

 

番外編:ハローワークの求人票には注意

ハローワークを利用して転職活動を行っている人もいると思います。

ハローワークは手軽に利用できて便利ですが、ブラック企業が多くリスクが高いです。

 

というのも、企業はハローワークに無料で求人を出すことができます。

ブラック企業からすると、人を大量採用するにはハローワークはもってこいなんです。

その結果、ハローワークの求人にはブラック企業が多く潜んでいます。

 

 

より確実に手軽に転職活動を行いたいのであれば、転職サイトに登録することをオススメします。

 

リクナビNEXT等の転職サイトは、求人掲載の基準がハローワークよりも厳しく設定されており、料金もかかります。

そのため、ブラック企業が掲載されている確率も低いです。

 

今ハローワークを利用して転職活動をしているのであれば、リクナビNEXTには登録しておくことをオススメします。

 

まだ安心するな!ブラック企業の嘘を調べる方法

 

これまでブラック企業の求人票の特徴について解説してきましたが、まだ安心してはいけません。

 

そもそもブラック企業は、求人票に嘘の記載をしている可能性があります。

求人票の内容に良い条件ばかり並べられていても、それが真実かどうかはわかりません。

 

そこで、実際の労働条件について知る方法を解説します。

 

会社の口コミサイトで労働条件を確認

 

ブラック企業を調べるうえで、企業の口コミサイトには確実に登録しておいた方が良いです。

 

例えば、企業の口コミサイト大手の『転職会議』には以下の情報が載っています。

転職会議口コミ

 

このように、

  • 実際の残業時間
  • 有給休暇の消化率
  • 福利厚生・制度
  • 退職理由

など、ブラック企業かを調べるうえで参考になる情報が載っています。

 

また、転職活動で確実に役に立つ「面接選考」情報も知ることができるため、非常に便利です。

 

 

是非一度登録して、企業の口コミを見てみることをオススメします。

 

 

あわせてよみたい

関連記事

 転職活動や就職活動の時に知っておきたいリアルな会社の実態。しかし会社の実態って、入社してみないと分からない場合が多いです。 なぜなら、求人や企業のHPには会社のいいところしか書かれていな[…]

転職会議に登録して会社の評判をチェック!誰でも簡単に口コミが見れる!

 

 

面接中・内定後に質問しておく

書類

面接中や内定後に、労働条件の詳細を聞いておくとより安心です。

 

こういうことを聞くのは、抵抗がある人が多いかもしれませんが、働くうえでめちゃくちゃ重要な部分です。

 

 

内定をもらうと、労働条件の内容がメールなどで送られてきます。

そこに記載された「労働条件の内容」と「求人票で事前に調べた内容」はどこか一致していない部分があるはずです。

 

気になる部分があれば、詳細を聞ける最後のチャンスなので、遠慮せずに確認しておくことをオススメします。

 

就職四季報で会社の離職率は調べておこう

会社の離職率は調べておこう

 

もし余裕があれば、「就職四季報」で会社の離職率を調べておくこともオススメします。

 

離職率は、就職四季報の「3年後離職率」という項目で調べることができます。

 

新卒で入社して3年以内の離職率は約3割です。

そのため、「3年後離職率」が30%を上回っている場合は危ない可能性が高いです。

 

 

ブラック企業を避けるには「転職エージェント」

ブラック企業を避けるには「転職エージェント」

 

転職エージェントはブラック企業が少ない傾向にあります。

 

というのも、転職エージェント経由で採用されると、企業は転職エージェントに年収の30%程度を支払うような仕組みになっているからです。

求職者が転職エージェントを無料で利用できるのも、これが理由です。

 

無料で求人募集することができるハローワークと違い、

企業側が転職エージェントにコストを支払う

ということがあるからこそ、大量採用などをすることはできません。

 

転職エージェント側からしても、ブラック企業に入社してすぐに辞められてしまうと企業側から苦情が来てしまいます。

そのため転職エージェントは、求人の掲載基準を厳しく設定してブラック企業を排除しようとしています。

なので転職エージェントを利用することで、ブラック企業に入社する可能性を低くすることができます。

 

おすすめの転職エージェント
関連記事

こんな人におすすめの内容です・おすすめの転職エージェントを知りたい・転職初心者でも安心して転職活動したい・転職エージェントの特徴を知っておきたい  ハムすけ転職エージェ[…]

【おすすめ転職エージェント】20代の転職で必ず役に立つ転職エージェント

 

まとめ:ブラック企業の特徴を知ることが転職成功のカギ!

まとめ:ブラック企業の特徴を知ることが転職成功のカギ!

 

本記事の内容をまとめます。
 給料の幅が広すぎる
 給料の相場が明らかに高い
 固定残業代が何時間分なのか謎
 平均残業が極端
 募集期間が長い
 ブラック企業特有のフレーズがある

 

 転職会議で口コミを調べる
 面接中・内定後に質問する
 就職四季報で離職率を調べる

 

 

さらに、

転職エージェントを利用するとブラック企業を避けることができる

 

 

ブラック企業に入社しないようにする

転職を成功させる

ためにも、ブラック企業の特徴を知って対策を立てることが大切です。

 

転職活動は情報量が大事です。

転職エージェントを利用することで、情報を効率よく仕入れることができます。

その結果、ブラック企業に入社する確率もぐっと減らすことができます。